吉澤ひとみ被告を笑えない?社用車ドライバーの3割「酒が残っていると思いながら運転した」

元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告(33)が今年9月、酒気帯び運転でひき逃げ事故を起こした。11月30日に東京地裁は、懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡している。

吉澤被告の事故を対岸の火事と捉え、「自分は大丈夫」と油断している人は、今一度認識を改めたほうがいいかもしれない。タニタは12月6日、「飲酒運転に関する意識調査」の調査結果を発表した。調査は今年11月に実施し、20~69歳で社用車を運転する人またはマイカー通勤でそれぞれお酒を飲む習慣がある人計800人から回答を得た。

普段の飲酒量を清酒1合換算で聞くと、社用車ドライバーは「1合~2合未満」(38.5%)が最多。次いで「1合未満」(34.8%)が多くなった。350ミリリットルの缶ビールだと1~2本程度という人が多いようだ。

マイカー通勤者も社用車ドライバー同様「1合~2合未満」(36.8%)が最多で、「1合未満」(36.2%)がほぼ同率となった。

「飲み過ぎても寝れば運転してOK」社用車ドライバー・マイカー通勤者の4割が回答