「いま一流企業が採用したいのは優等生よりもオタク気質の学生」林修が解説 物事を深く探求する姿勢が評価される時代?

画像は番組公式サイトから

画像は番組公式サイトから

日本経団連が発表した「2018年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」によると、企業が選考で重視した点は16年連続で「コミュニケーション能力」が1位。依然としてコミュニ力が就職の必須スキルと言えそうだ。

ただ、企業の考え方も徐々に変わってきているらしく、12月9日の『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)で、林修氏が「いま一流企業が採用したいのはオタク」というトレンドを紹介。知り合いの超有名企業の採用担当者が「今はシュッとした優等生よりも、オタク気質を持った学生を採用する」と明言していたと語った。(文:石川祐介)

広く浅くこなすことができる人より、狭く深く掘り下げられる人が評価される?