落合陽一、社会に出るまでに学ぶべきこと「妥協」「セカンドプラン」「責任の取り方」-「あとは自主的にできることを仕事に」

画像はツイッターをキャプチャ

画像はツイッターをキャプチャ

筑波大学准教授でメディアアーティストの落合陽一さんが12月17日、自身のツイッターで中学、高校のときに身につけるべきことを投稿した。

「習慣付けをして定期的に予定を立ててやることとまとめて時間を確保して締め切りまでクオリティを高める姿勢の両方を中等教育-大学入学くらいまでに身につけるといいと思う」

「アーティストと研究者は妥協しなくていいとこが好き」