【札幌爆発事故】スプレー缶は「穴」を空けて捨てるべき? 正しい捨て方を聞いてみた

スプレー缶は「穴」を空けて捨てるべき?

スプレー缶は「穴」を空けて捨てるべき?

札幌市豊平区平岸の建物で12月16日、爆発火災が発生した。報道によると、翌17日、建物に入居する不動産会社の従業員は「除菌消臭スプレー100本以上を処分するため、店内でまいた」「缶に穴を開けた」などと話したという。その状態で手を洗うため給湯器のスイッチを入れたら爆発した、としている。

実際スプレーを処理する場合、どうすればいいのだろう。東洋エアゾール工業の担当者は「室内で大量噴出すると、充満して思わぬところから引火する可能性があります」と話す。

屋内は絶対にダメ!「必ず通気性のいい屋外で、容器内のガスを出し切る」