「絵文字」の扱い、メール世代とSNS世代でギャップ 30代「ビジネスでも使うべき」若者「文と組み合わせるのは古い」

「絵文字」の扱い、メール世代とSNS世代でギャップ

「絵文字」の扱い、メール世代とSNS世代でギャップ

プロジェクト管理ツール「Backlog」などのサービスを提供するヌーラボは12月26日、ビジネスコミュニケーションにおける絵文字の使用に関する意識調査の結果を発表した。調査は今年9~10月に実施し、Backlogユーザーら1009人から回答を得た。

ビジネスのメールにおける絵文字の使用について「使用すべき」(31.9%)と「使用すべきでない」(29.6%)が拮抗する形となった。ビジネスチャットについては「絵文字を使用すべき」が57.7%にのぼった。

若者は「自分は使用しないが、相手の利用は特に気にならない」「無関心」