紅白歌合戦リハ取材の裏側「撮影時は”アッチッチみたいな感じで!”と声かけ」「記者は床の上で執筆がデフォ」

毎年大みそかは紅白歌合戦を観る、という人も少なくないはず。筆者の実家も31日19時過ぎからはNHKをつけっぱなしにするのが恒例です。多くの人が楽しみにしている紅白に向けて、「第69回紅白歌合戦」リハーサル取材の裏側をご紹介します。

リハーサルは例年3日間行われます。今年は29~31日です。本番直前まで、会場となるNHKホールで各アーティストが入念に最後のチェックをしていきます。ただ詳細なスケジュールがマスコミに明かされるのは当日の朝です。

午前8時ごろのNHKホール外

午前8時ごろのNHKホール外

初日29日のリハーサルは朝9時からで、取材の受付は8時15分から開始。筆者は8時ジャストに会場に着きましたが、すでにマスコミ各社が長蛇の列を作っています。いい写真を撮るため、記事を書きやすい場所を得るためのポジション争いは早朝から始まっているのです。

取材会場となる客席ロビーにソファはあるものの、筆者が入ったときにはすでに場所がなく、終日地べたに座って記事を書くこととなりました。慣れると書きやすかったです。(取材・文:市ヶ谷市子)

いい写真を撮るために各社「ビッグスマイルで!」「いいねダンスお願いします!」