入試書類の性別欄廃止は悪手?「自分の性別と向き合う機会奪う」若新雄純が指摘「配慮って触らないようにしようってことでしょ?」

若新雄純氏

若新雄純氏

性自認に関する問題は近年、注目を集めている。大阪府と福岡県では2019年度の公立高校の入試の書類で、性別欄を廃止することを決定した。セクシャルマイノリティへの配慮のためだ。

しかし、1月10日の『モーニングCROSS』(MX系)では、慶應義塾大学特任准教授の若新雄純氏は、「(性別)欄廃止っていうのは完全に間違っている」と指摘。

「配慮っていうのが最悪。配慮って触らないようにしようってことでしょ?」

と、違和感を語った。(文:石川祐介)

「ずっと僕らはそうやってミスってきた」「向き合わないのが一番良くない」