インフルエンザでも出勤しようとする上司に批判殺到「歩くテロリスト」「頑張ってる俺!と勘違いしてそう」

かかった人は無理せず休みましょう。

かかった人は無理せず休みましょう。

インフルエンザが流行している。タカノフーズが2017年に実施した調査によると、インフルエンザの予防接種は「毎年受けていない」人が54.2%の約半数。「毎年必ず受けている」は20.4%と5人に1人の割合だという。

インフルエンザは非常に感染力が強い。感染しないためには、個人が予防するだけでなく、かかった人が他の人にうつさないように細心の注意を払うことも重要となる。

ガールズちゃんねるでは昨年12月、「インフルなのに出勤しようとする上司」というタイトルのスレッドが立った。トピ主の旦那の上司が、インフルエンザにかかったにも関わらず、熱が下がったらすぐ出勤しようとしているという。過去には会社に風邪が蔓延したせいで、旦那から家族全員がダウンしたこともあった。まだ0歳の子どもがいて気が気でないトピ主は、この事態に焦って相談を持ちかけていた。(文:ツマミ具依)

「私も、上司がインフルになって1日休んで来た。そのせいで社内でインフル大流行」