飲食店の6割、全面禁煙でも「売上変わらず」 「長居する客が減った」という声も

禁煙化が進む飲食店

禁煙化が進む飲食店

クックビズは1月24日、飲食店の全面禁煙に関する調査の結果を発表した。全国の飲食関係者213人のうち、飲食店を原則として禁煙とする受動喫煙防止法に賛成する人の割合は49.3%、反対は25.4%だった。

地域ごとに賛成の割合を比較すると、東京では50%、大阪では48%だが、愛知では31.6%にとどまった。また、すでに全席禁煙の飲食店では62.5%が賛成する一方、全席喫煙可の店舗では反対が43.8%で賛成を上回った。

「ランチの時間帯に家族層が多くなったが、客単価が下がった」という店も