「勘違いおじさん多すぎ」10代に交際申し込む30代男性のイタさ 「あいつが若い子と付き合っているんだから俺も」は危険

自分の振る舞いがどう見られているか、客観的になるのは難しいものですよ

自分の振る舞いがどう見られているか、客観的になるのは難しいものですよ

アラサー以降になっても、若い頃のままのマインドで女性にアタックするおじさんがちらほらいる。見苦しいことこの上ない。

そのおじさんたちは自分のことを「大人の魅力が~」とか言うけど、そんな言葉を吐く連中って、大半は身の程を知らなかったりするものだ。おじさんはおじさんであって、若い子からすればよほどイケメンでもない限り恋愛対象にもならない。にも関わらず、そんな当たり前のことが分かってないおじさんが、マジで実在している。(文:松本ミゾレ)

「他の女の子も『おっさんキモい、身の程をわきまえろ』と愚痴っています」