“婚活のプロ”が見た星野源と新垣結衣の結婚 40歳と32歳という年齢が持つ意味 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

“婚活のプロ”が見た星野源と新垣結衣の結婚 40歳と32歳という年齢が持つ意味

40歳と32歳はかなりマッチしやすい組み合わせだという

40歳と32歳はかなりマッチしやすい組み合わせだという

女優の新垣結衣さん(32)と歌手で俳優の星野源さん(40)が19日、所属事務所を通じて結婚することを発表した。

星野さんは交際時期について、今年はじめに放送された『逃げるは恥だが役に立つ』SPでの再会がきっかけに「結婚を前提にということで交際を始めました」と明かしたが、交際期間は4年という説も出ている。

今回は二人の年齢や交際期間などを踏まえつつ、婚活トレンドを婚活の有識者たちにうかがった。

40歳で初婚の男性は「何か問題があるのかな?」と思われがちだが……

「ハイスペ男性なのは間違いないですが、星野さんは六本木などでハデに遊ぶ、ひと昔前の稼ぐ男性像ではなく、私生活がハデな印象があまりない点がすごく現代的。若い人ほどお金を使ってハデに遊ぶことがカッコいいと感じない価値観が浸透していて、若い女性からも好感を得やすい男性像です」とは、女性向け婚活塾を主催する「ハイスペ男子総合研究所」の吉沢詩乃氏。

「従来は趣味などの共通点を数え上げるようなマッチングが多かったんですが、お互い違う部分があるという前提に立ちながら、二人で話し合って一緒に考えて、折り合いがつけられる関係性が重視される傾向がありますね」(吉沢氏)

世の中的にも価値観が多様化していることが背景にあるようで、ハイスペ男性では歳の差婚も珍しくないそうだが、一般的な婚活サービスではどうか。エン婚活エージェントの間宮亮太社長は次のように語る。

「8歳差の結婚はギリギリなくはないですが、なかなか珍しい。10歳以上の差になるとかなりレアケースで、秀でた年収、容姿、人柄などがあることが前提ですね。男性は35歳以下の若い女性を求める傾向がありますが、実際は5歳差以内の同年代での成婚がほとんどです」(間宮氏)

星野さんは40歳、新垣さんは32歳でどちらも初婚だが、婚活におけるこの属性について「あくまで一般的な傾向」と前置きした上で、次のように解説する。

「晩婚化が進む中でも、40歳で初婚の男性は『何か問題があるのかな?』と思われがちで、むしろバツイチのほうが好感度は高いという女性側の声もあります。その点、32歳の女性は昔ほどネガティブイメージを持たれにくい。

ただ、特に新垣さんのように容姿が綺麗な方は、異性や同性の友人から出会いの場に誘われにくく、婚活では『性格が悪い?』『相手に求めるものが高い?』と見なされやすい部分はあります。その結果、結婚相談所に登録される女性も少なくないです」(間宮氏)

「大切なのは交際期間ではなく交際の中身や質」

交際から結婚までの期間については、「ゼクシィ結婚トレンド調査」(2020年)では、1~2年未満が「27%」と最多で、2~3年未満が「24.4%」、3~4年未満が「15.6%」と続く。

「全国の平均は3.2年間で、妻の年齢別では24歳以下だと3.5年と長めになっています。35歳以上だと2.1年なので、年齢が上がるほど意思決定が早くなるようです」(間宮氏)

今回取材した識者からは「大切なのは交際期間ではなく交際の中身や質」という声が多かった。離婚理由としてよく見られるのは価値観や性格の不一致だが。

「我々は『考え方』と『感覚」に分けて価値観を定義しています。この2つが違うのは当たり前で、パートナーと価値観が一致していると思っている人は好きだからそう認識しているだけなんです(笑)。結婚前から考え方のすり合わせや感覚を確認し合う関係性を育み、相互理解を持続することが重要かと思います」(間宮氏)

「好みと目的が明確で、妊娠出産を考えた際に早い決断に至りやすい年齢」

「自分と同じような性格や特性を求めてしまいがちですが、それがうまくハマらないこともよくあります」と語るのは、婚活支援サービスを展開するパートナーエージェントの広報・平田恵氏。

結婚生活では将来の不確定さを織り込み、継続的な話し合える関係が重要になる。星野さんと新垣さんの結婚を前提にした半年間という交際期間についてはこう述べる。

「当社では、実際に成婚退会までに要した期間は65.6%の人が1年以内です。当社の婚活サービスを利用されている方が対象の調査なので、一般的な平均より少し短いのかと思いますが、婚活を意識する方の感覚とは言えるでしょう」(平田氏)

星野さんと新垣さんの年齢を踏まえれば、交際期間半年は全然あるとする見方もある。

「基本的に男女とも年齢を重ねるにつれ、相談所の在籍期間は長くなり、お見合い回数も増加傾向にあります。しかし、特徴的なのは40歳の男性は最も在籍期間が短く、32歳の女性も同じ。好みと目的が明確で、妊娠出産を考えた際に早い決断に至りやすい年齢で、双方マッチしやすい」

と語るのは、結婚相談所「すごい婚活」を運営する鯉谷淳氏。お互いの価値を尊重して共に成長できる関係性を志向する考えは、ミレニアル世代には男女を問わず、多く見られる現代の結婚感とコメントした。

「逃げ恥のブームは、恋愛≦ビジネスライクという新しい結婚観が世間に受け入れられたということだと思います。結果的にリアルな世界で二人が結婚したことで、この結婚観はさらに加速していくと思っています」(鯉谷氏)

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ