前澤社長「お客様の温かい気持ち受け取った」 ZOZO、業績下方修正発表日の売上好調

画像は前澤社長のツイッターをキャプチャ

画像は前澤社長のツイッターをキャプチャ

衣料通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOは1月31日、2019年3月期の業績予想を下方修正した。同期の連結営業利益は前年比18.9%マイナスの265億円になる見込み。減益の大きな理由は、ゾゾスーツの無料配布が想定していたほど波及効果を生まなかったためだという。

下方修正の発表から一夜明けた2月1日、同社の前澤友作社長はツイッターを更新。業績を発表した1月31日の売上が好調だったことを明かし、利用者に感謝を述べた。

「ZOZOのお客様は本当に優しい。情けない決算を発表した昨日、なぜだか売り上げがとても好調でした。負けるな頑張れー、というお客様の温かいお気持ち受け取りました。絶対に忘れません」

「利用世代が決算気にしてるとは思えない」「クーポン利用が多かっただけでは?」