「内定を断ったら嫌がらせされた」 求職者の過半数、就職・転職時にトラブル

求職者の過半数、就職・転職時にトラブル

求職者の過半数、就職・転職時にトラブル

ウルクスは2月15日、転職時のトラブルに関するアンケート調査の結果を発表した。対象は、20代から50代の働く男女162人。インターネットを通じ、今月上旬に行った。

調査によると、就職・転職時に企業とのトラブルを経験した人は56.2%と、約2人に1人の割合に上る。トラブルとして最も多かったのは「在籍企業とのトラブル」(38.3%)で、2位が「就職先・転職先企業とのトラブル」(36.2%)だった。

「日頃から真面目に働いていれば退職時も円満」という意見も