ミドル層のパワハラ経験率は8割 「毎朝些細なことで公開処刑」「機嫌が悪いと物を投げる」

パワハラを受けたことがある?

パワハラを受けたことがある?

エン・ジャパンは2月20日、ミドル層のパワーハラスメントに関する調査結果を発表した。調査は2018年12月~2019年1月にネット上で実施し、同社運営の「ミドルの転職」を利用する35歳以上のユーザー2911人から回答を得た。

パワハラを受けたことがあると回答した人は82%。男女別に見ると、男性82%、女性83%。年代別では、30代79%、40代83%、50代以上83%と、性年代で大きな差は見られなかった。

パワハラを受けたことがある人に被害の内容を聞くと、最も多いのは「精神的な攻撃(公の場での叱責、侮辱、脅迫)」(66%)。上位3つには「過大な要求(不要・不可能な業務の強制、仕事の妨害)」(46%)、「人間関係からの切り離し(隔離、無視、仲間はずれ)」(36%)が入った。

また女性は「人間関係からの切り離し(隔離、無視、仲間はずれ)」(45%、男性33%)、「過小な要求(仕事を与えない、程度の低い仕事を命じる)」(33%、男性23%)、「個の侵害(プライベートに過度に立ち入る)」(27%、男性21%)が男性より多いことが分かった。

「ほぼ毎日、夜中に長文非難メールが送られる」「子育てを疎かにしていると言われる」