転職失敗者の体験談「スパイ扱いされて3年間社内ニート」「年収が4分の1」「残業が少ないはずなのにサビ残が待ち受けていた」

転職失敗者の体験談

転職失敗者の体験談

いまや一社で定年まで働く終身雇用モデルが崩れ、転職者が増えている。不満を抱きながら働き続けるくらいなら新しい職場に移るのも手だが、必ずしも良い結果をもたらすとは限らない。キャリコネニュース読者から寄せられた転職失敗エピソードを紹介する。

30代男性は過去の勤務先を「求人内容がそもそも嘘偽りだらけ」と批判している。男性は適正を無視された職場に配属され、

「体力、時間、メンタル全てをもっていかれた」

と振り返る。またクリエイティブ職の40代男性も「入社前に提示された条件を反故にされた」といい、求人内容と実際の業務が違う「求人詐欺」が目立った。

「転職サイトに記載された情報はほとんどが嘘っぱちであることに気付かされた」