世界トップ50の大学に受かれば550万円 山口県萩市が奨学金「生徒が高い志持つきっかけに」

難関大ばかりですが、モチベーション維持には効果ありそう

難関大ばかりですが、モチベーション維持には効果ありそう

山口県萩市は2019年度から、世界のトップ50大学の合格者に、入学金や授業料の一部を支給する「萩市グローバル50奨学金事業」を始める。

萩市教育政策課の担当者によると対象は、高校3年間萩市に住所があり、市内の高校に全期間在籍して卒業した人で、かつ、大学入学年度の4月1日時点で20歳以下の人。高校入学前に萩市に転入し市内の高校に通学した人は対象になるが、高校の途中から転入してきた人は制度の対象外だ。

基準にするランキングは、「THE世界大学ランキング」、「QS世界大学ランキング」、「世界大学学術ランキング」の3つ。このうちの1つでトップ50に入っていれば給付金の対象になる。QS世界大学ランキング2019年版を見ると1位はマサチューセッツ工科大学、2位はスタンフォード大学、3位はハーバード大学。日本国内からは、23位に東京大学、35位に京都大学が入っている。

卒業後のUターン義務付けもなし「広報誌に寄稿などの形で貢献して」