女性の6割「出世するほど結婚相手が見つかりにくい」 「育休取得はキャリア形成にマイナス影響」は7割にのぼる

女性の6割「出世するほど結婚相手が見つかりにくい」

女性の6割「出世するほど結婚相手が見つかりにくい」

NPO法人の日本FP協会は3月12日、「働く女性のくらしとお金に関する調査」の調査結果を発表した。調査は今年2月に実施し、今回で3回目。20~50代の就業女性1200人から回答を得た。

働き方について、2択でどちらの志向に近いかを聞いた。「外に出て働いていたい」が62.7%で、「家族のことに注力していたい」が37.3%となった。世代別に見ると「家庭のことに注力していた」は20代(45%)が最も高かった。

また「ゆるく働きたい」(66.4%)か「バリバリ働きたい」(33.6%)だと前者が大きく上回った。現在の働き方については「自分らしい働き方ができている」(65.7%)が「自分に合っていない働き方をしている」(34.3%)を上回った。

女性の役職者は「出世するほど結婚相手が見つかりにくい」が7割超に