食事介助中の窒息死で有罪判決は「老人はチューブを胃に刺すのが正解」?ひろゆきが言及

食事介助中の窒息死で有罪判決

食事介助中の窒息死で有罪判決

長野地裁松本支部は3月25日、2013年に長野県安曇野市で起きた、特別養護老人ホームの女性入所者(当時85歳)がおやつのドーナツでのどをつまらせ1か月後に死亡した事件で、被告の准看護師に有罪判決を言い渡した。被告は業務上過失致死の罪で罰金20万円が課される。

元「2ちゃんねる」管理人のひろゆきさんは26日、この判決にツイッターで言及した。ひろゆきさんは、

「老人の食事を自分では食べさせず、チューブを胃に刺すのが正解というのが長野地裁の判断ですね」

と皮肉った。

介護職より「トレーダーのほうがお金を失うだけで済むのでまだマシ」