超大型GWでも休めない人たちの嘆き 「自分が下級国民のような気持ちになる」「社長に休みすぎと言われ出社決定」

超大型GWでも休めない人たちの嘆き

超大型GWでも休めない人たちの嘆き

2019年のゴールデンウィークはカレンダー通りだと10連休。手放しで喜びたくもあるが、超大型連休に合わせた仕事の進行で喜ぶに喜べない人や、すでにGW中も働くことが決まっている人もいるだろう。

前回は10連休も働くサービス業従事者の声を取り上げたが、今回は他業種からの嘆きを紹介する。

「介護用具の営業なので利用者に一刻でも早く届けなければいけない為GWの初日と中日に出勤します」(20代男性/営業職)
「365日稼働の老人介護施設勤務だから。 人手不足で普段も連休さえ取れない。 たまには、まとまった休みが欲しい」(20代女性/介護業界)
「会社が、年間365日毎日巡回する現場仕事を複数請けているため、当該業務の遂行の為には祝日であろうと天変地異であろうと誰かが出社しなければいけない」(30代男性/技術職)

GWだろうと関係のない業界を相手に働く人は、やはりその影響でカレンダー通りの勤務にはならない。この技術職の30代男性はスタッフらとGW勤務について調整に調整を重ねた結果、10~12連勤することになった。休みは3日間あるというが、

「カレンダー通りに10連休休む人がいる中で、その3分の1以下の休みを取るためにここまで努力しなければいけないこの仕事って一体何なんだろう…と深い虚無感に襲われている」

と嘆く。

「改元対応で出勤」「そもそも ゴールデンウィークてなんですか?」