新入社員、祖父の葬儀への参加を申し出たら小言を叩かれ落胆 「そんな会社今のうち辞めておけ」という声相次ぐ

「早く辞めよう」という助言が相次ぎました

「早く辞めよう」という助言が相次ぎました

社会人たるもの、基本的にはしっかりしたスケジュールを組み、その通りに働く必要がある。しかし人生は一寸先が闇。時には会社を休まなくてはならないことも出てくる。

ところが、そんな当たり前が通用しない異常な職場は世間には多い。世の中には、インフルエンザになってしまった人員に「人が足りないんだよ!」と罵倒する上司なんてのが存在している。親族の結婚式に参加しようとしたら「この繁忙期になんで結婚式すんの? お前の家族馬鹿なの?」みたいなことを言われた労働者もいる。

とかくブラック企業というものは、会社の都合しか考えることのできない人間の集合体。あんなものに組み込まれるというのは、それは人間性の亡失に直結する。(文:松本ミゾレ)

「あなたのために組まれたスケジュールを休むということを理解してる?」