10連休明け、首都圏各路線で”急病人介護”による遅延発生 「体調悪いなら無理しないで」という声も

10連休明け、首都圏各路線で"急病人介護"による遅延発生

10連休明け、首都圏各路線で”急病人介護”による遅延発生

カレンダー通りだと10連休となった2019年ゴールデンウィーク。連休明けの5月7日朝、首都圏の各路線では”急病人救護”による遅延が相次いだ。

ヤフー路線情報によると、7時台に東京メトロ千代田線、8時台に東急田園都市線で発生。西武新宿線でも急病人対応を行った。京浜東北根岸線では複数件急病人発生した。その影響で電車が遅れ、接続している各路線でも遅れや運転変更が生じた。

急病人のほか、人身事故、ホームドア点検、旅客対応でも遅延発生