アイドルのセカンドキャリアを支援! 寿司職人の専門学校が元芸能人向け「一芸入学制度」開始

「美味い寿司を握ることと同じくらい重要なのがエンターテイメント性」

「美味い寿司を握ることと同じくらい重要なのがエンターテイメント性」

東京すしアカデミーは5月7日、芸能人のセカンドキャリアを支援するという趣旨で「一芸入学制度」を創設した。募集するのは「寿司職人養成インターンシップコース」で、受講費用165万円が免除される。

卒業後は直営店での修行を経て新店舗の大将を目指す。独立開業してオーナーを目指す場合には、その時のスキルや事業計画を審査の上、支援・出資を受けられる。長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、応募できるのは満20歳~34歳まで。俳優やアイドル、プロレスラー、マジシャンなど、エンターテイナー経験者であれば性別は問わない。

「お客様を魅了する技や度胸を磨いてきた俳優やアイドルに『寿司職人』は天職」