「あなたの強みを教えてください」は、下手な面接担当者ほどよく聞く質問である

「強み」、「弱み」は聞くことではない

「強み」、「弱み」は聞くことではない

採用面接で「あなたの強み、弱みを教えてください」と尋ねる質問は、あまり良いものではないと思います。世界中で研究されている採用面接の基本中の基本は「事実を聞く」ことで、それは国連の面接ガイドラインにも書かれていることです。

その人が実際に「やってきたこと(事実)」を聞いて、そこから一体どんな人であるかを解釈し、推測するのが面接担当者の仕事です。それなのに、応募者自身に自己解釈させて「へえ、そういう人なんですか」と聞いていては、本来やるべき仕事をやっているとは言えないでしょう。(文:人材研究所代表・曽和利光)

どんな人も「何かの天才」であるはずなのに