経団連の“終身雇用やめます”は「高齢化社会とも相性が悪い」「維持すべき」社会学者が反発

70歳まで雇用、という話も出ていますが、どうなるんでしょうか?

70歳まで雇用、という話も出ていますが、どうなるんでしょうか?

5月22日の「モーニングCROSS」(MX系)で、東京工業大学准教授の西田亮介氏が雇用に関する持論を展開した。経団連の中西宏明会長は、終身雇用を続けられないという認識を示したが、西田氏はこれを「本当に良くない。(終身雇用は)維持すべき」と一蹴した。

西田氏は、新卒一括採用の事実上の廃止も含め、こうした流れは経済界主導で日本型経営の基本的条件が変わることを意味していると指摘する。(文:石川祐介)

伝統的な日本企業はIT企業などとの新しい競争を強いられている