“同一労働同一賃金”の現状は? 「正社員との賃金格差はハッキリ」「実力主義の会社がとてもうらやましい」

"同一労働同一賃金"の現状は?

“同一労働同一賃金”の現状は?

働き方改革のひとつである、正規・非正規雇用労働者の待遇差を解消する「同一労働同一賃金」。職務内容が同じであれば、同じ額の賃金を従業員に支払うべきという考え方で、大手企業では2020年4月、中小企業では2021年4月から施行される。

格差を解消することで多様な働き方が期待されるが、現在、実際に企業内では同一労働同一賃金に向けた対応は行われているのだろうか。企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた口コミを見てみよう。

「待遇面では多くの不満がある。特に給料が安く、年功序列が色濃い」