“家計の不安”が和らぐ目安は世帯年収800万円 夫婦でリスクヘッジできているかが大事

"家計の不安"が和らぐ目安は世帯年収800万円

“家計の不安”が和らぐ目安は世帯年収800万円

妊娠・育児層向けツールアプリやメディアを展開するカラダノートは5月28日、「生活における意思決定についての意識調査」の結果を発表した。調査は今年4月に実施し、同社運営の「カラダノートママびより」ユーザーで子どもを持つ母親1656人から回答を得た。

家計の不安について、「かなりある」(19.3%)と「少しある」(30.6%)と回答した人の合計は49.9%となった。家計の不安としてあがった要因で、最も多かったのは「貯蓄」(29.7%)で、現在の貯蓄額や、貯蓄ができないことへの不安の声が挙げられた。

また子どもの教育費や老後の資金など「将来かかる費用」(25.4%)、「収支のバランス」(16.1%)をあげる人もいた。

収入・貯蓄状況を「妻だけが把握している」状態だと不安度高まる