ルノアールが紙巻きたばこ全面禁止へ「店舗スタッフの健康に配慮した」利用客減少は「あまり心配していない」

チェーン店は対応を求められています

チェーン店は対応を求められています

喫茶室ルノアールなどを運営する銀座ルノアールは5月30日、2020年4月から、直営店117店舗全てで紙巻きたばこの喫煙を禁止すると発表した。来春に施行される改正健康増進法に対応するためのもの。今後、喫煙室では加熱式たばこの喫煙だけが許可される。

改正健康増進法では紙巻きたばこを吸う際、飲食不可の喫煙ブース設置が必要になる。同社担当者は今回の禁止について「店舗スタッフの健康面に配慮して決断した」と明かした。

「ブースを設置した場合、その中の清掃は店舗スタッフがしなければなりません。スタッフの出入りがある以上、煙害を受ける可能性があります」

ドトールは店舗を「完全禁煙」「紙巻きと電子たばこ可」「電子たばこだけ可」に分類