地方の魅力は“開拓の余地がある”ことにあり 環境が整っていないからこそ可能性がある

福井駅前

福井駅前

現代の日本では、目の前にものが溢れ、物質的な豊かさを感じることができる一方で、「果たしてこれが本当の幸せなのか?」と悩んでいる人も多いかと思います。

東京から福井に移住した僕は1980年生まれ。失われた20年が始まる少し前に生まれました。僕が子どものころ、国分寺市ではまだバキュームカーが走っていました。道路なんかもボコボコで、インフラにすらまだ改善の余地がありました。(文:ちばつかさ)

何もない場所で一から自分たちで作り上げることで得られるもの