新社会人が感じた入社後ギャップ1位「残業が多い」、2位「給与が少ない」、3位「希望する仕事ができない」

思ってたんと違う!

思ってたんと違う!

マクロミルは5月30日、「新社会人に関する定点調査」の結果を発表した。調査は5月にネット上で実施。今年4月に社会人になった、全国22~25歳の会社員・公務員200人(男性100人、女性100人)から回答を得た。

就職先を選んだポイントは「仕事内容」(41%)が最も多く、次いで、「勤務地、立地」(35%)、「業種」(33%)だった。「入社前後の就職先に対するイメージギャップ」を聞くと、「大きなギャップがあった」(9%)、「ややギャップがあった」(42%)と、51%がギャップを感じていることが明らかになった。入社先のギャップに関する回答は2011年の調査から設けていて、2017年と並び最も高いスコアとなっている。

「有休を取得しづらい」過去最低 働き方改革の成果か