20代が転職を決める理由2位「ワークライフバランスが悪い」 求人情報では「残業の有無」を重視する傾向も | キャリコネニュース
おかげさまで9周年 メルマガ読者数
65万人以上!

20代が転職を決める理由2位「ワークライフバランスが悪い」 求人情報では「残業の有無」を重視する傾向も

学情は6月5日、「Re就活」の登録会員496人を対象に実施した調査の結果を発表した。「Re就活」は20代向けの転職サイト。登録会員には、職歴がある人もない人も、在職中の人も離職中の人も含まれる。

求人情報で重視するポイントは、職歴がある人では、「勤務地」(59.6%)、「仕事内容」(52.5%)、「残業の有無/休日数」(42.0%)、「給与」(37.9%)の順に多かった。「企業規模・知名度」は2.5%に留まっている。職歴がない人も同様に「勤務地」(65.9%)、「仕事内容」(44%)、「残業の有無/休日数」(39.0%)の順に重視する人が多く、「規模・知名度」はわずか1.1%だった。

面接で聞きづらいこと「給与や年収」「休暇制度や有休消化率」「残業の有無」

入社先を決める時に重視するのは…?

入社先を決める時に重視するのは…?

調査では、入社を決める時に重視するポイントも尋ねた。職歴がある人では「残業の少なさ/休日の多さ」が49.7%、「勤務地が希望に合っているか」が45.9%、「長く働けるかどうか」が44.3%だった。

職歴がない人では、「勤務地」(47.3%)が最も多く、「残業/休日」(45.6%)、「長く働けるか」(40.1%)が続いた。職歴の有無に関わらず、企業規模や知名度よりも働きやすさを重視する人が多いことがわかる。

また転職を希望する理由のトップは「人間関係・社風が合わない」の42.7%だった。2番目は「ワークライフバランスが悪い」(39.8%)、3番目は「そもそもやりたい仕事ではなかった」(32.2%)だった。

面接で本当は聞いておきたいが、聞きにくいこととしては、職歴ありで42%、職歴なしで34.1%の人が「給与や年収」を挙げていた。「休暇制度や有休消化率」(あり40.4%、なし36.3%)、「残業の有無」(あり35.7%、なし32.4%)も割合が高かった。特に有給消化率や残業の多さについては入社するまでわからないことが多く、面接で聞きたいというのも頷ける。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

人気記事ランキング

  1. 学童保育でワーママ悲鳴「貯金尽きた」「受入人数多過ぎで目が届いていない」 保育園だけじゃない預け先の悩み
  2. 落合陽一が語るAI時代の生き残り方 大事なのは「自分の収入と生み出している価値の差をしっかり把握すること」
  3. 上司に出す印鑑は「左に傾ける」のがマナー? ネットは「狂ってる」「社畜魂だな」と大批判
  4. 若新雄純氏、「30歳成人式」を提唱 「18歳で準成人、30歳で成人と段階を踏むほうが、今の社会に合っている」
  5. 「店員がマスクして接客ってあり?」に反論相次ぐ 「食品扱う職業はマスクしてほしい」「不特定多数のお客様が来るから風邪予防もある」
  6. 1人暮らしにありがちなこと 「郵便受付がいつの間にかパンパン」「冷蔵庫内の賞味期限切れが多発する」
  7. 【新型肺炎】野田洋次郎、マスク買い占めに苦言「過剰反応は備えではない」 ファンからは"買えない"報告相次ぐ
  8. コンサルタントが働きやすい企業2位デロイトトーマツ「昇給は毎年」、3位アクセンチュア「有休と別に年160時間の傷病休暇」
  9. ソニーが「アロマスティック」体験イベントを開催 「香りを持ち運ぶ」新しいライフスタイルを提案
  10. 「レジでお金を投げてくる客」ってなんなの? 店員の心情を的確に表現した動画が話題

アーカイブ