20代が転職を決める理由2位「ワークライフバランスが悪い」 求人情報では「残業の有無」を重視する傾向も | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

20代が転職を決める理由2位「ワークライフバランスが悪い」 求人情報では「残業の有無」を重視する傾向も

学情は6月5日、「Re就活」の登録会員496人を対象に実施した調査の結果を発表した。「Re就活」は20代向けの転職サイト。登録会員には、職歴がある人もない人も、在職中の人も離職中の人も含まれる。

求人情報で重視するポイントは、職歴がある人では、「勤務地」(59.6%)、「仕事内容」(52.5%)、「残業の有無/休日数」(42.0%)、「給与」(37.9%)の順に多かった。「企業規模・知名度」は2.5%に留まっている。職歴がない人も同様に「勤務地」(65.9%)、「仕事内容」(44%)、「残業の有無/休日数」(39.0%)の順に重視する人が多く、「規模・知名度」はわずか1.1%だった。

面接で聞きづらいこと「給与や年収」「休暇制度や有休消化率」「残業の有無」

入社先を決める時に重視するのは…?

入社先を決める時に重視するのは…?

調査では、入社を決める時に重視するポイントも尋ねた。職歴がある人では「残業の少なさ/休日の多さ」が49.7%、「勤務地が希望に合っているか」が45.9%、「長く働けるかどうか」が44.3%だった。

職歴がない人では、「勤務地」(47.3%)が最も多く、「残業/休日」(45.6%)、「長く働けるか」(40.1%)が続いた。職歴の有無に関わらず、企業規模や知名度よりも働きやすさを重視する人が多いことがわかる。

また転職を希望する理由のトップは「人間関係・社風が合わない」の42.7%だった。2番目は「ワークライフバランスが悪い」(39.8%)、3番目は「そもそもやりたい仕事ではなかった」(32.2%)だった。

面接で本当は聞いておきたいが、聞きにくいこととしては、職歴ありで42%、職歴なしで34.1%の人が「給与や年収」を挙げていた。「休暇制度や有休消化率」(あり40.4%、なし36.3%)、「残業の有無」(あり35.7%、なし32.4%)も割合が高かった。特に有給消化率や残業の多さについては入社するまでわからないことが多く、面接で聞きたいというのも頷ける。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. "ゆるい"会社に勤めている人 「鳴らない電話番しか仕事がない」「10時と3時にお茶の時間がある」
  2. 「日本一給料が高い会社」キーエンスの実態 「年に4回のボーナス」「20代で年収1350万円」
  3. 東京五輪、テレビで「観ない」人の複雑な気持ち 「誘致時の約束がほとんど守られていない。世界に対して恥ずかしくて情けない気持ちがいっぱい」
  4. 徳利の謎マナー、業界団体は「積極的に広めなくて良い」 「注ぎ口を使わないほうが良い」ネットで拡散
  5. 40過ぎても働かない「中高年ニート」なぜ増える? 豊かな時代の「合理的選択」なのか
  6. 「これは優先エレベーターです。誰か降りて」 ベビーカーママの訴えに意見分かれる
  7. 8時間で帰れたら「歯医者に行く」「自炊したい」「眠りたい」 弁護士は「低賃金と長時間労働が若者を襲っている」と警鐘
  8. 【最新版】不動産業界の働きやすい会社ランキング 1位は三菱地所、無償での朝食提供やテレワーク、仮眠室、インターバル勤務制度
  9. 「女はお茶汲みしてろ」男尊女卑社員が迷惑過ぎ 女性社員に「女だから周りが仕事を手伝ってくれる」とやっかみ
  10. 「内定辞退6割」がトレンド入りで話題に 氷河期世代は「羨ましい」、一方で「いざ内定してみたら闇すぎて」という人も

アーカイブ