6月は社会人の「家出」リスクが増加 「仕事の悩みが原因であることが多い。今年も増えている」と探偵事務所

6月は社会人の「家出」リスクが増加

6月は社会人の「家出」リスクが増加

ゴールデンウィークが終わり、祝日のない6月がやってきた。リラックスモードだった大型連休から一転、連日ハードに過ごしている人も多いだろう。

一方で6月は社会人の「家出」リスクが高まる時期でもある。原一探偵事務所の広報担当者は次のように語る。

「長期連休開けは特に社会人の家出が増えますね。普段の1.5倍とまではいいませんが、今年も増加傾向にあります」

近年、”6月病”という言葉も広まっているが、ストレスが溜まりやすい時期ということが背景にあるようだ。

「トランクに荷物をつめて持ち出している。行く当てがあり、家を出たような印象を受ける」