【首都圏版】住みたい街ランキング、“大宮”が初のトップ3入り「都心に近すぎず遠すぎずなのが良い」「通勤に便利」

生活も移動も便利、ほどよく都心に近い、というのが支持理由です

生活も移動も便利、ほどよく都心に近い、というのが支持理由です

長谷工アーベストは6月下旬、首都圏在住者を対象にした「住みたい街ランキング2019」の結果を発表した。調査は今年4月、首都圏に住む20代後半から60代の男女を対象に、インターネット上で実施。3166件の回答が集まった。

1位は15年連続で吉祥寺。2位は横浜で、3位に大宮が入った。大宮は昨年13位で、今回が初のトップ3入りだ。大宮を支持した人からは、

「大宮駅前は商業が揃って生活に便利なだけでなく、都心までも30分で行ける。都心に近すぎず、遠すぎないのが良い」(30代、2人家族)
「今暮らしているが、実際に住みやすい。路線が多いので通勤に便利。新幹線が止まり、何処に行くにも便利だから。これからもまだ発展ができる街だと思う」(50代、4人家族)

など、交通や買い物の利便性を上げる声が多く出ている。単身者からは、「映画で埼玉県が話題になり、大宮は埼玉の中心だと思う」(30代)というコメントもあった。

中野、立川など郊外の中核駅が大幅ランクアップ