会社員の7割「お金関係で他人に嫉妬」 「都心のタワマンで専業主婦」「SNSで高級料理アップ」

会社員の7割「お金関係で他人に嫉妬」

会社員の7割「お金関係で他人に嫉妬」

スマホへの送金サービス「業務用プリン」を提供するpringは7月8日、会社員の副収入に関する調査結果を発表した。調査は今年6月にネット上で実施し、20~50代の会社員の3082人から回答を得た。

1年以内に月3000円以上の副収入を得た人は合計33.3%で、3人に1人が本業以外に副収入を得ていることがわかった。

内訳は「毎月安定して副収入があった」が17.3%、「数か月に1か月程度副収入があった」が10.1%、「半年に1か月ほど副収入があった」が3.3%となっている。

副収入を得ている人(400人)に収入源を聞いた。男性で最も多かったのは「株式投資・FX投資」(55.5%)で、次いで「クラウドソーシング」(21.5%)、「フリマアプリ・ネットオークション」「バイト(接客業・軽作業・運搬など)」(同21%)と続く。

女性は「フリマアプリ・ネットオークション」(38%)が最も多かった。以降、「バイト(接客業・軽作業・運搬など)」(28.5%)、「株式投資・FX投資」(27.5%)、「クラウドソーシング」(15.5%)と続く。

副業を人に話さない理由「合法とはいえ、部下・同僚の嫉妬」