はるかぜちゃん出演舞台、50人に当日キャンセルされ苦言「大赤字が出ていたかも」「連絡もない人も多い」

画像は番組公式サイトをキャプチャ

画像は番組公式サイトをキャプチャ

7月12日放送の「モーニングCROSS」(TOKYO MX)で、女優の「はるかぜちゃん」こと春名風花さん(18)がネット上の無料サイトや予約キャンセルなどについて言及した。「無料に対する意識」を再確認するよう呼びかけた。

春名さんが文を担当し、昨年8月に刊行した絵本『いじめているきみへ』では、絵を担当したイラストレーターがネット上の写真を模写していたことが発覚し、今年6月、発売停止となった。春風さんはイラストレーターについて「ネットでタダで見られる写真に著作権意識がなかった」と指摘した。

さらに、違法アップロードサイト「漫画村」が閉鎖され、「無料で漫画が読めなくなって困る」といった声や、ロックバンド「OKAMOTO’S」のハマ・オカモトさんが違法音楽アプリに「OKAMOTO’Sが入ってなくて聴けないと言われた」と投稿したツイートを紹介した。

「娯楽や芸術が無償で楽しむものになってしまうと、文化の衰退につながる」