ドラマ『凪のお暇』 高橋一生の見事なクズ男ぶりが話題に サイコパスかと思いきや不器用なこじらせが癖になる

黒木華が主演を務める新ドラマ、『凪のお暇(いとま)』(TBS系・金曜夜10時)が7月19日に放送され好評を博した。ネット上では高橋一生演じる主人公の元カレに、「サイコパス」「クズ男」といった声が上り、演技力の高さに舌を巻く声が相次いでいる。

原作は累計発行部数250万部のコナリミサトによる同名人気コミック。主人公は都内の家電メーカーで働く大島凪(黒木華)28歳。周囲の「空気を読む」ことで平穏な日々を送ろうとする気弱な女性だ。サラサラのストレートロングヘアーで女子アナ風の服に身を包み、同僚のミスをかぶって叱責されたり、弁当持参なのにカフェランチを断れずに疲弊している。SNSは友人の動向を常にチェックし、イイね!を怠らない毎日だ。

唯一の生きがいは「節約」と、営業部のエース我聞慎二(高橋一生)と付き合っていること。ところが、その恋人が「体の相性がいいだけ」などと後輩と談笑する姿を目撃した凪は、過呼吸を起こして倒れてしまう。凪は会社を辞め、恋人と連絡を断ちSNSもスマホも捨てて人生をリセット。郊外の安アパートに引っ越し、自分だけのマイペースな暮らしに突入するのだった。(文:篠原みつき)

空気は「読むもの」ではなく、「吸って吐くもの」と気づく