吉本社長会見受けて田村淳「後輩達の処遇判断を優先して」「その日の収入があるかないかは死活問題」

画像はツイッターをキャプチャ

画像はツイッターをキャプチャ

反社会的勢力への”闇営業”問題をめぐって吉本興業は7月22日、会社として記者会見を開いた。同社岡本昭彦社長は5時間半に及ぶ会見の中で、20日に謝罪会見を行った宮迫博之さん(49)と田村亮さん(47)の処分を撤回すると発表した。

それを受け、亮さんの相方である「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん(45)が翌23日、ツイッターで後輩芸人たちの処遇を再考してほしいと投稿した。淳さんは「140文字には収められない」と、思いをしたためた2枚のスクリーンショットを添付した。

「今回は宮迫さんの嘘にはじまり、続いて亮も嘘をついた事で、一緒に直営業に行った後輩たちが何も言えない状況が生まれてしまい、巻き込む形で謹慎処分になり苦しい思いをしている後輩たちがいます」

後輩は「蓄えがありしばらくの間は生活していける先輩達とは違う」