もはや就活ナビサイトに優秀な学生はいない!? ”ナビ離れ”で起きている変化

もはや就活ナビサイトに優秀な学生はいない!?

もはや就活ナビサイトに優秀な学生はいない!?

今現在、企業で働いている社会人の中にもナビサイトを使って就活したという人は多いのではないでしょうか?

ナビサイトは1990年台以降、ネットの普及と共に新卒採用の主流となり、2019年3月にオープンしたリクナビ2020は約3万1000社、マイナビ2020では約2万4000社もの企業が求人を掲載しています。

ですが、昨今の売り手市場に伴い、ナビサイトに掲載してエントリーを「待っている」状態で学生を集められるのは基本的に大手企業のみで、母集団形成に課題を抱える企業が増えてきました。

そこで様々なサービスが誕生し、新卒紹介、マッチングイベント・アプリ、ダイレクトリクルーティングなど、企業にとっては採用手法、学生にとっては就活方法の幅が広がった結果、就活生の「ナビサイト離れ」という言葉が生まれ、ナビ離れが進んでいます。(株式会社トヨコー 経営戦略室 中村 勇太)

優秀層は主体的に考えながら新しいサービスを取捨選択している