「転職は35歳が限界、ということはない」現場第一線で働き続けたいアラフォー世代の転職を応援する「CareerRelease40」

アラフォー以上を対象にした転職支援サービス「CareerRelease40」

アラフォー以上を対象にした転職支援サービス「CareerRelease40」

転職市場には「35歳限界説」という言葉がある。35歳を過ぎたら転職しようとしても企業に敬遠され、次の職場を見つけるのが難しくなる、という意味だが、実際のところ「35歳を過ぎたからといって転職を諦めたくない!」という人も多いだろう。

そうしたアラフォー以上の人を対象にした転職支援サービスが「CareerRelease40」だ。2014年にスタートしたサービスで、職務経歴を見て興味を持った企業が転職希望者に面談をオファーする「職歴打診」型というシステムをとっている。

そこで今回、同サービスを運営するルーセントドアーズの黒田真行代表に、35歳以上の転職事情について聞いた。

【メールアドレスで簡単登録!】
→Career Release40 はこちらから

本当はニーズがあるのに「40代には門戸が開かれていない」という現状を変える