広島カープ・緒方監督の選手への平手打ち事件 野球人口が減るのもやむなしでは

野球人口減るのも仕方ない?

野球人口減るのも仕方ない?

プロ野球・広島東洋カープは7月24日、同球団の緒方孝市監督が選手を複数回平手で叩いたことを発表した。事の経緯は、6月30日のDeNA戦で、野間峻祥選手が試合中に怠慢プレーをしたことに怒り、手を上げてしまったようだ。球団は緒方監督を厳重注意。本人も深く反省しており、7月15日の試合前に選手やスタッフに対して謝罪をしている。

コンプライアンス意識が高まる昨今、理由はどうあれ緒方監督の行動は非常に軽率だったように思える。ただ、今回の緒方監督が選手を叩いたことはどれほど重い問題なのだろうか。(文:石川祐介)

パワハラ体罰は当然、暴行罪になる可能性も