リクルートのOBOGに学ぶ「よいキャリア」を歩むポイント

今回は古巣におんぶに抱っこの記事です。ちょっと自分でもまとめてみたくなり、筆を執りました。私は、リクルートの採用を10数年、うち6年を最終面接などの責任者として担当してきました。今でもちょっとだけお手伝いしています。

当然ながら、リクルート社員とのつながりはとても多く、あの人は元々どんな人で、結局どうなった、みたいな「Before/After」を他の人より多少は知っています。

リクルートは「採用」という名前の会社であり、創業事業は人材ビジネスだったからかもしれませんが、彼らの多くはキャリア巧者です。知らないうちにいろいろなところで頭角を現して、自分のポジションを作り上げています。

ただ、それは「皆さんが優秀だから」かというと、単純にそういうわけではない気もするのです(リクルートの人、すみません)。今回は、それはなぜか、について考えてみました。(文:人材研究所代表・曽和利光)

「フィードバック」で自己像崩壊