外資コンサルを退職し、1年半世界一周をした後にみえた世界 「あえてゴールは決めない」「いまが楽しければそれでいい」

【村上 亮太】株式会社サーキュレーション 執行役員

【村上 亮太】株式会社サーキュレーション 執行役員

大学卒業後、ボストンコンサルティンググループに入社。 4年後には、計画通り退職し、学生時代からの夢である1年半の世界一周旅行に出た村上亮太氏。

夢を達成し、一度燃え尽きた後に生まれた人生観は、「中長期のゴールを持たない生き方」。 帰国後、株式会社サーキュレーションの創業から参画し、現在執行役員である村上氏の核心に迫ります。

「エクセルの“1”の後ろにある“ひとりの人生”」をカラー映像で再現できるほど想像する。人生の重みを実感した BCG 時代