幸福度1位の福井県は本当に”嫁の犠牲”で成り立っている? 根強い「亭主関白文化」も女性の生きづらさを助長

幸福度1位の福井県は本当に嫁の犠牲で成り立っている?

幸福度1位の福井県は本当に嫁の犠牲で成り立っている?

幸福度ランキングが1位で、三世代同居率が毎年トップクラス、学力や体力テストなどでも毎年のようにトップクラスに名を連ねる福井県。そんな中、8月11日付けの福井新聞に「福井の社会は嫁の犠牲の下に成立」という記事が掲載され、話題になりました。

記事の中には「女性が一生懸命働いて、家計を支えて、家のことを支えるのが当たり前。女性にとっては不幸度日本一の県」という女性の訴えも掲載されていました。幸福度1位の福井は、果たして本当に幸福なのか? 東京から福井に移住して感じることをお伝えします。(文:ちばつかさ)

「働いていないと逆に目立つ。専業主婦は”普通”ではないこと」