ピコ太郎の新曲に海外ネット民困惑 「葬式で流すのに最適な曲」「何があったらPPAPからこうなるの?」

画像はピコ太郎さんのユーチューブ動画のキャプチャ

画像はピコ太郎さんのユーチューブ動画のキャプチャ

『PPAP』で世界的な人気を集めたピコ太郎さんの新曲『Everyone must die』が注目を集めている。新曲はピコ太郎さんが取り組んできた「ピコ10プロジェクト」のラスト曲として、8月14日にユーチューブ上で公開された。PPAPはすべて英語の歌詞で1分程度の長さだったが、新曲は、サビ以外はすべて日本語で、曲の長さも3分程度に伸びている。

MVでは、おなじみのアニマル柄の衣装に、頭上に天使の輪を付けたピコ太郎さんが冒頭、穏やかなピアノに合わせ、「空は青く晴れ 白い雲がゆっくり動き 子供達は走り回り 大人たちは大きく笑う」と語りかける。微笑みをたたえたまま、「愛してる人はいますか?好きな人はいますか?」と問いかけたと思えば、

「人はみんな産まれて……死ぬ」

と、曲調は一転して激しくなる。独特の世界観にネットでは「アクの強い曲出してきたな」「前衛的すぎて理解不能」と困惑が広がっている。

「ピコ太郎さん大丈夫?」「話を聞いてくれる人が必要?」心配するコメントも