女性管理職の割合、半数の企業でゼロ 大企業ほど女性の登用が進んでいない傾向

積極的な登用をしている企業からは、一定の効果が得られたという声も出ています

積極的な登用をしている企業からは、一定の効果が得られたという声も出ています

帝国データバンクは8月15日、「女性登用に関する企業の意識調査(2019)」の結果を発表した。調査は同社が実施している「景気動向調査」の7月度分と同時に行われた。対象になった全国2万3650社のうち、1万91社から回答を得た。

女性従業員割合は平均25.2%と、昨年より0.3ポイント上昇した。「30%以上」と回答した企業は3割を超え、比較可能な2014年以降で最も高くなった。女性従業員割合が1割に満たない企業は28%だった。

管理職に占める女性の割合は平均 7.7%で、過去最高を更新した。「30%以上」と答えた企業は7.1%で、昨年より0.3ポイント上昇している。しかし、「女性管理職がまったくいない」と答えた企業も46.7%と半数近い。格差是正には、さらなる取り組みが必要のようだ。

女性登用に積極的な企業「男女にかかわらず有能な人材を生かすことができた」