夜回り先生「もう、疲れました」サイト閉鎖へ 「何人が私の本を読んでくれているのか」――ネットで心配の声も

画像はサイトをキャプチャ

画像はサイトをキャプチャ

“夜回り先生”として親しまれている教育家の水谷修さんが8月21日、ブログで自身のホームページを閉鎖すると明かし、ネットで心配する声が相次いでいる。ブログには「さようなら。哀しいけどさようなら。もう、疲れました」と投稿。同日、

「私に相談している人の何人が私の本を読んでくれているのか。誰かから聞いて私に相談。でも、それは哀しい。ただひたすら続く何百本の日々の相談。私の本を読んでくれればそこに答えが。疲れました」

と書き込んだ。無力感、徒労感を抱いているようだ。ツイッターでは「夜回り先生休んで」といった声が出ている。

今年の8月は「例年になく、相談件数が非常に増えています」