公共交通機関で許せない行為1位「後ろからシートを蹴る」、2位「ゴミを放置する」

マナーを守って乗りましょう

マナーを守って乗りましょう

エアトリは8月22日、「公共交通機関のマナー」に関する調査結果を発表した。調査は今年7月にネット上で実施。10代~70代の男女1133人から回答を得た。

「公共交通機関利用時に周囲の人の行為に迷惑だと感じたことはある」という回答は「バス」「電車」「新幹線」「飛行機」すべてで過半数にのぼった。

「とても迷惑だと感じた」という回答が最も多かったのは「電車」で、女性が42.4%、男性が39.7%だった。男女で比較すると、全ての乗り物において男性より女性の方がマナーに神経質であることが明らかになった。

最も多くの人が迷惑だと感じる行為は、バスの1位は「大声での会話」(45.6%)、2位は「座席の座り方」(45.6%)、3位は「携帯電話での通話」(36.8%)という結果だった。電車の1位は「座席の座り方」(72.8%)、2位は「大声での会話」(58.5%)、3位は「携帯電話での通話」(56.3%)だった。

新幹線で迷惑に感じる行為として最も多かったのは、「大声での会話」(52.7%)で以降、「過度なリクライニング」(42.1%)、「後ろからシートを蹴る」(40.2%)という結果だった。飛行機では「過度なリクライニング」(54.4%)が最多で、次いで「後ろからシートを蹴る」(46.7%)、「大声での会話」(38.4%)だった。

「迷惑行為に注意をしたことはある」は少数派