徹底した「エンジニアファースト」で会社を変える 社員数がたったの3年で3倍に急成長した理由

AK5D97642

今回お話を伺うのは、株式会社エーエスエルの代表取締役を務める平出 浩太郎氏。アプリケーションの設計・開発や各種インフラの設計・構築をはじめ、コンサルティングサービスを展開する同社は、『エンジニアファースト』を掲げ、常にエンジニアの働きやすさ・やりがいを追求し続けています。

エンジニアの痛みから喜びまで、そのすべてに寄り添いながら個性を活かすエーエスエル流の経営の裏側に迫りました。

株式会社エーエスエル 代表取締役 平出 浩太郎

2

▼経歴
株式会社システム情報に入社後、プロジェクトマネージャー職に従事。さまざまな大規模システム開発やトラブルプロジェクトに関わることでSE職の面白さとその辛さを知る。その後ライン部長職となり、PMO室長、事業推進部長、事業企画室長、品質管理室長など様々な職種を歴任。その後出向という形で株式会社エーエスエルの常務取締役に就任。二期連続で同社の業績を大幅に拡大した功績を認められ、代表取締役社長に就任し、現在に至る。今後は新サービスの立ち上げなども模索中。

現場に寄り添うことで見えた“エンジニアの苦悩”

3

– 平出様は、これまで採用面談時や社内で数多くのエンジニアから相談をうけ、アドバイスもしてこられたと伺っています。実際、現場で働くエンジニアはどのような悩みを抱えていることが多いのですか?

平出氏 :多いのは、自分の経歴に自信を持てない、適性や強みが分からない、という悩みでしょう。エンジニアと一口に言っても、業務や職種は様々なのですが、これらを平たく経験してきた人やバラバラに経験してきた人に多いのがこの悩み。

自らのキャリアを振り返った時、「自分の技術やスキルのレベルがどの辺りなのか」「自分にはどういう案件が合うのか」が分からないというのはエンジニアにとっては大きな不安です…。

– 自分のスキルや適正が把握できないと、その先のキャリアも描きづらいですよね。

平出氏:そうなんです。ただ、今ある多くの職場はエンジニアが自身のキャリアを描きづらい環境であることが多いでしょうね…。

そういえば、「常駐先で無理難題を要求され、困っています」という相談もよく受けます。そうした環境で日々仕事をしていると、心身ともに疲れ切ってしまう。耐えかねて会社に相談しても聞いてもらえず、最後には離職せざるをえないというケースもよく耳にします。

– 何度も転職されたり体調を崩されたりするエンジニアを見かけますが、その背景にはそのような環境があったのですね。

平出氏:本来のエンジニアの喜びは、制作していたものが完成して、お客様から感謝されるところにあります。そのためにはエンジニア自身が現場で学び続け、レベルを上げ続けていないといけません。ところが、日々勤める労働環境が心地よく働けるものでなければ、学ぶ意欲やスキルを高める時間を作ることは難しい。その結果、現状維持を余儀なくされたり与えられる仕事をこなすしかない日々が続いてしまったりするわけです。

私自身もそういった時期を沢山経験してきた中で、エンジニアのやりがいや働きやすさを追求しようと思い、当社では独自の試みを行ってきました。

“ゆるく、自由” な社風で、社員の個性を活かす。