飛行機での迷惑行為、日本人は世界一“隣からの座席侵入”を「無視して我慢」 直接注意することも少ない

日本人は我慢しがち?

日本人は我慢しがち?

エクスペディア・ジャパンは9月17日、「フライトにおける迷惑マナーに関する国際比較」の調査結果を発表した。調査は今年4月にネット上で実施。欧米諸国や日本、韓国、香港、台湾といったアジア諸国の合計23か国の男女1万8237人から回答を得た。

「隣の人が自身の座席スペースにまではみ出てきた時どうするか」を聞くと、「無視をして我慢する」と回答した国の1位は日本(26%)、次いで、イタリア(23%)、アメリカ(23%)、カナダ(22%)、ニュージーランド(21%)という結果だった。日本人は他国の人と比較し、迷惑と感じても辛抱する傾向にあることがわかった。最下位は、インド、メキシコで、我慢する人はわずか5%しかいなかった。

一方、「直接本人に指摘する」と回答した国の1位はドイツ(61%)、2位はオーストリア(60%)、3位はオランダ(59%)で、ヨーロッパの人が直接本人に伝える傾向があった。最下位は、日本で25%に過ぎなかった。

後ろから座席を蹴られたら日本人は「CAからやめてもらうよう伝えてもらう」が最多