20代の“退職のきっかけ”1位は「給与が低かった」 2位に「やりがいを感じない」が入る

20代の退職のきっかけ、46%が「給料が低かった」

20代の退職のきっかけ、46%が「給料が低かった」

エン・ジャパンは9月26日、「退職のきっかけ」に関する調査結果を発表した。調査は今年7月~8月にネット上で実施。1万74人から回答を得た。

「これまでに退職を考えたことはあるか」と回答した人は96%にのぼる。退職を考え始めたきっかけは、「やりがい・達成感を感じない」「給与が低かった」(同41%)が同率1位となった。3位は「企業の将来性に不安を感じた」(36%)となった。

年代別で見ると、「給与が低かった」は20代(46%)と30代(44%)が4割を超えた一方で、40代は36%となった。

また「残業・休日出勤など拘束時間が長かった」(20代33%、30代28%、40代19%)、「自分の成長が止まった・成長感がない」(20代28%、30代28%、40代18%)は若い年代ほど退職を考え始めたきっかけになったということが分かった。

男女別に見ると、「企業の将来性に疑問を感じた」は男性(40%)が女性(33%)を、「体調を壊した」(男性12%、女性17%)と「結婚・家庭の事情」(男性7%、女性13%)で女性が男性を5ポイント以上上回った。

転職を伝えるタイミングは「決意したとき」が最多