【増税】ロックバンドの歌詞にも影響 「ヤバT」が「増税に伴い、二度目の一部歌詞の変更を行います」

画像はツイッターをキャプチャ

画像はツイッターをキャプチャ

消費増税の影響が音楽にも出ている。ロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」は10月6日、ツイッターで増税に伴う歌詞の変更を発表した。

当該楽曲は『喜志駅周辺なんもない』。「2019年10月1日からの増税に伴い、二度目の一部歌詞の変更を行います」と投稿した。

喜志駅→天王寺の運賃、2014年390円→2019年410円に値上がりし、歌詞に反映